Posted in 管理人メモ,Windows10   Leave a Comment

Thunderbird関連の記事、前に書いてからそんなに経ってたか?という感じがしてますが、使用中のThunderbird用プラグインを追加したのでメモ。

去年、Windows 10に入れ替えてからThunderbirdの文字が小さくなって、これまで未読部分の色を変えることで対応してましたが、今年に入って老眼の症状がいきなり酷くなってきまして_| ̄|○

やっぱ文字サイズ変更出来ないかなぁと。

今回私が導入したのはブラウザでも使ってる「Stylish」というアドオン。

様々な見た目を変更するやつで、スタイルを定義する必要がありますが、こちらのサイト様で公開されてる奴を入れてみたら良い感じなのでそのまま採用です♪

ついでに記事にするの忘れてた奴もまとめて追加。



Auto Archive Reload
実は結構前から入れてたけど記事にするのを忘れてた奴。
指定日数経過したメッセージを自動でアーカイブへ移動する。

Display Mail User Agent
選択したメールが書かれたメーラーを表示するプラグイン。
「何に使うの?」と聞かれたら「面白そうだったから入れた」としかw

ImportExportTools
メッセージやフォルダのインポート・エクスポート機能を追加するプラグイン。
(2012/07/29 新規追加)

Manually sort folders
本来はフォルダの並び替えを可能とするアドオン。
うちの場合はThunderbird起動時の初期表示フォルダを設定するために使用。
(2014/07/26 新規追加)

Quick Translater
右クリックメニューから翻訳できるようになるプラグイン。
ただ普通に検索して出てくるやつはAPIの仕様変更で翻訳に失敗するのでこちらからダウンロードすべし。
参考にしたのはこちらのサイト様
(2012/08/25 新規追加)
(翻訳結果が見にくいのと、メールで外国語のが来る場合、サイト閲覧時と違ってスパムメールばかりだから必要無しと判断)

Remove Duplicate Messages (Alternate)
重複したメールを検索、削除するプラグイン。

Stylish
スタイルを細かく指定出来るプラグイン。
スタイルを定義する必要があるけど、やりたい事を検索してやればそれにあったコードがみつかるんじゃね?
(2016/12/29 老眼対策で文字を大きくしたくて導入)

 

2016年12月29日(木曜日) 20:24