月齢6.7の月でミラーレンズテスト

3つ前の記事でちょっとだけ触れた「星景写真、天体写真用の小物」、一点を残して他が揃いまして、そのうちのポータブル赤道儀「ポラリエ」のテストを兼ねて月の大写しにチャレンジしてきました。

まぁ、今日も午後仕事があった上に、少々体調がよろしくなかったんで近場に実質1時間程行ってきただけですが(´・ω・`)


ところで月というやつは普段何気なく見てる分には大きく見えるんですが、いざ写真を撮ろうと思うとかなりな望遠レンズが必要だったり、もしくはトリミングが必要だったりします。

例えば以前、タイマーレリーズのテストで撮影した奴なんかは300mm望遠レンズ使用でこんな感じ。

写真上の月(35mm換算 335mm)

ちなみに焦点距離は209mm(35mm換算335mm)で撮影してますが、最大望遠じゃないのにも訳があって、最大望遠で撮ろうとすると例えばピント合わせしている間にあっという間に画面外に移動してしまうので妥協してこのサイズだったり。

が、今回ポラリエを導入したんで早速「月追尾モード」の出番ですw

 
撮影場所に到着したのが20時位。

機材の準備やら極軸合わせやら(まぁ初めてにしてはスムーズだったのかな?)すませて、800mmミラーレンズをセットして月を狙います・・・が、なかなか月が見つからない(^ ^;)

いや、肉眼なら普通に正面にあるんですが、カメラのライブビュー画面で見てるとどっちにカメラを動かせば良いのか・・・。

三脚ごと動いてしまうと極軸合わせからやり直しなんで慎重に作業せねばなのがまた大変(;´Д`)

なんとか画面内に月を収めてピント合わせ、そして撮影!

こんなん撮れました♪

写真上の月(35mm換算 1280mm)

さすが800mmミラーレンズ、画面に収める手間は有りますが購入した甲斐があったかと♪

 
ところでこのレンズの購入の際、他のサイトで評判を読んでいたら「エクステンション・チューブ 」なる物が有ればもう少し大きく撮れるらしいとの情報を発見。

2000円位の中華製があったんで小物類と一緒に仕入れてみてたり(ぁ

で、これを使ってさらにもう数枚。

 
800mmミラーレンズ+エクステンションチューブ28mm

写真上の月(35mm換算 1325mm?)

確かに大きくなりました。

 
次に800mmミラーレンズ+エクステンションチューブ56mm(28mm+14mm+7mm)

写真上の月(35mm換算 1370mm?)

これが今の私に撮れる最大望遠だ!!(`・ω・´)

 
でも、ミラーレンズ+エクステンションチューブ使用の2枚、明らかにピントがずれてる_| ̄|○

確か今年はGW中(5/4だったか)に満月なんで、天気が良ければリベンジしてやるぅ><

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください