エアコンスイッチLED化

先日から電圧計、ミラーモニター設置、配線弾き直し等、手を入れてる我がレガシィ。

本日も大掃除そっちのけで手を入れてみました。

作業内容はタイトル通り、エアコンスイッチ照明のLED化です。


以前チョロッとTS-Rに乗ってた時に電球切れのタイミングでLED化した事は有ったんですが、その際は自動後退にて作業してもらったんで、自分での作業は初です。

今回は別に球切れという訳では無かったんですが、純正照明の色が古くさくていやだったんでw

 
使用したLEDは事前にネットで買っておいた孫市屋さんの「T4.2-マイクロLED-M型-SMDワイド-白

BHの場合は5個使用ですが、なにかやらかしそうだったんで予備1個で、計6個購入しました。

 
で、早速エアコンユニット取り外して BH5 エアコンユニット

二つに分けます。
エアコンユニット分離

エアコンユニット外したら裏から止めてるネジ4つ外して、マイナスドライバーで爪を押さえてやったら簡単に開きました。

で、写真の黒い箇所が電球はめてるとこ。

写真に写っている奴+配線裏にもう一つ有ったり。

 
この電球、反時計回りに回転させてやれば抜けます。

私の場合はラジオペンチで摘んで回しました。

某サイトさんでは精密ドライバーのマイナスでこじったとか。

 
で、外した電球をLEDに差し替え・・・なんですが、LEDの場合極性が有るんで仮組して点灯確認。

エアコンコネクタ仮組

コネクタ2本差し込んで、キーをACCに。

んでもって、ライト点灯(スモールでOK)。
エアコンスイッチ(LED化前) → エアコンスイッチ(LED化後)

上記の写真、お昼位の撮影で、どちらもライト点灯状態ですが、はっきり分かるくらい明るくなってます♪

日が落ちてから再度確認しましたが、超拡散と銘打ってるだけあって色ムラも無く綺麗です。

孫市屋さんの公式サイトで掲載されてる写真では窓吹き出しのオレンジなスイッチが白みがかったように見えますが、自分の場合本当に綺麗に明るくなりました。

 
さぁ次はエアコン表示部の白色化かなw

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください