Posted in 管理人メモ,Windows 7   Leave a Comment

先日NASの容量を大幅に増やして、これまでローカルに保存してたファイル群をNASへ移動、利用しやすいようネットワークドライブを設定したのだけれど、PC起動時にこのネットワークドライブの再接続に失敗したと出るように・・・(´・ω・`)

コンピュータのドライブ一覧を開いて×マークがついてるドライブをダブルクリックすれば開くので「ネットワーク上のNASを認識する前に共有フォルダを探しにいってしまうのだろう」という予測はしていましたが、毎回×マークのついたドライブを開くのも面倒になって調べてみました。

やはりというか同様の現象に悩んでいる方は多いようで、解決方法は簡単に見つかりました。

が、よくよく見つけた記事を読んでみると方法は皆同じで、どうやら大本になった記事があって、それを参考に皆様記事にしたっぽい(^ ^;)

いや、この記事書いてる時点で私も同様なんですがw

ちなみに解決方法は以下の通り。



1.既存のネットワークドライブ設定を解除する。

2.適当な名前のテキストファイルを作り、以下の記述を追加。

WScript.sleep 3000

Set objNetwork = CreateObject("WScript.Network")

objNetWork.MapNetworkDrive "X:", "\\Crib35nas\nas"

ちなみに1行目は元記事では「3000」ではなく「10000」でしたが、これは環境に寄るっぽいので各自で調整を。

3行目でネットワークドライブを指定してます。

3.作成したファイルの拡張子を「vbs」に変更。

4.できたvbsファイルそのもの、もしくはショートカットをスタートアップフォルダへぶち込む。

 

ちなみに複数のネットワークドライブを設定している場合は3行目を必要な分複製して修正すればOK。

 

2014年8月3日(日曜日) 15:21