Posted in 管理人ブログ,パソコン関係   Leave a Comment

さて昨日はPC切替器を見にパーツショップへ出かけたわけですが、切替器だけ買って帰ってきたわけでなく、もう数点お買い物してきました。

で、その2点目がHDD。

NASで使っているHDDが寄せ集めの500GB×4台(RAID 5構成なので利用可能容量は約1.5TB)で、すでに1台故障して交換、しかも使用容量が1.2TB位になってるんで物色です。

一応NASの説明書には4TBのHDDまで対応と書いてありますが、値段との兼ね合いからまぁ3TB?それでも利用可能容量が約9TBになるわけで、メインPCにため込んでるデータ移しても3/4以上は空くだろうと。



当初はともかく値段の一番安いのをと見てたのですが、店員さんと話してみたら「サーバー用途で24時間つけっぱなしならこれがおすすめですよ」と「WesternDigital」の赤箱モデルを薦められました。

値段差1台あたり約2,000円です。

むぅ・・・8,000円は高いけど故障して買い直しやデータ破損考えれば安いか?

え~い、買ったれ!!っていつもこのパターンですな(´・ω・`)

 

で、買ってしまいました。

WesternDigital WD30EFRX

帰宅後、早速HDD交換しようとNASの中身を他へ一時退避・・・させようとしたらなんかエラーでてコピー出来ないファイルがあるし~_| ̄|○

どうやらすでに異常があったっぽく、NASの中身(クリア済みのゲームデータ等)は破棄で、HDD交換。

で、RAID再構築。

3TB×4台構成だと約24時間くらいかかりますと説明書に記載。

が、先のHDDの時はこの作業が終わるまでアクセスもなんも出来なかったのに今回は共有フォルダ作ったり、設定変更出来る。

なんで?(^ ^;)

 

まぁ、動くなら儲けものだし早速PCの動画やら画像データやらの移動開始。

実は現在この記事書きながら移動してるんですが残り2時間半とかw

でも7~800GB位あったと思うんで仕方ないですな。

 

2014年7月6日(日曜日) 11:49