OS入れ直しとウイルス対策ソフト変更

ここに来てちょっと更新が増えてますw

まぁPCいぢる時間が出来てきた事に加えて、そもそもネタになるPCの不調が原因なんですが(;´Д`)

 
で、本日、というか昨日もケース交換してさて少し遊ぼうかなとソフト立ち上げたらエラーが出やがるわけで_| ̄|○

実は記事にしてなかったんですが確か春頃からだったと思いますが「PC起動」→「スタートアップ修復」→「修復できません」→「自動再起動」→「通常起動」てな挙動を繰り返してまして、止めにクーラー交換前に勝手にシステムの復元がかかってさらに挙動不安定に。

 
仕方ないのでOS入れ直しと、ついでにウイルス対策ソフトを入れ替えてみました。


これまでうちのウイルス対策ソフトはおなじみ「ウイルスバスタークラウド」でした。

仕事の関係で触っておきたいというのもあって少々重さを感じてもそのまま使ってました。(まぁいつぞやのバージョンより遙かに軽くなってたし)

が、ここへ来てモニタリングツールをみてたら「CoreServiceShell」のCPU使用率が25%固定になり、設定変えても12.5%前後。

仕事関係は会社のノートPCで試しゃいいかっ!!てなわけで変更を決定。

 
変更するソフトはネットの比較サイトを参考に「ESET」か「カスペルスキー」あたりを検討。

そいえばうがたんがESET使ってたっけ、とその場で電話。(勤務明けでお休みのところありがとうございましたw)

カスペルスキーは重いとの言葉でESETに決定。

そのままダウンロード販売にて「ESET ファミリー セキュリティ 2014 ダウンロード3年版」を購入。

うがたんは「気になるならまず試用版試せば」とか助言くれましたが、そんな面倒な手順、私が踏む訳もなく(ぁ

 
で、使ってみた感想。

まず「軽い」ですね。

モニタリングソフトのCPU使用率TOP5にはそれらしいプロセスが出てこない。

この時点でウイルスバスターと違います。

で、うがたんとSkypeで話しながら設定しましたが、この辺は細かい設定煮詰めるのに使い込む必要がありそう。
とりあえずうがたんに聞いて最低限の設定を済ませましたが、正直もう一度同じ設定をといわれても戻す自信無し(^ ^;)

設定のエクスポート・インポート機能があるので設定触ったら忘れずに書き出しとかねば。

 
さて、記事も書いたしOS入れ直しの続きだ(;´Д`)

おおむね作業終わったんですが、スタートメニューの直しとかこれからなんだよなぁ・・・(´・ω・`)

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください