Cooler Master: CM 690 III

メインパソコン ケース交換

先日のCPUクーラー変更でサイドカバーが閉まらなくなってしまった我がメインPC。

しばらくそのまま放置かと思っていたんですが、本日、別件で電気屋さんへ出かけた際になかなか良さげなケースを見つけて(しまって)交換しました。

交換したのはこれまでのケースを同じくCOOLER MASTERのCM 690 Ⅲという製品。

ケースのカラーがシルバー→ブラックに変更となったんでDVDスーパーマルチドライブ(安くなりましたねw)とカードリーダーも黒いパネルのものに交換しました。


まずはこれまでのケース。

先に交換したCPUクーラーの為、サイドパネルが閉まらず布ガムテにて応急処置してます(^ ^;)

COOLER MASTER PRAETORIAN PAC-T01-E1 COOLER MASTER PRAETORIAN PAC-T01-E1

その他、長年使ってきたのでヤニ汚れも・・・(´・ω・`)

早速中身を取り外し。

メインPCの中身

中身を並べての一枚。

CPUクーラーのでかさが目を引きますw

んでもって新ケースの準備。

このときフロントパネルを外してみてびっくり。

Cooler Master: CM 690 III フロントファン

20cmのファンがお目見え。

店頭の展示品を見たときはてっきり8or12cmのファン×2と思い込んでいたんですんげぇ驚いた(´・ω・`)

まぁそれは置いておいて、一つずつパーツの組み込み。

このケース、配線をマザー裏へ引き回せるタイプなのでどう引き回すか等考えながら作業です。

もっとも配線を繋ぐコネクタはマザーボード上にあるわけで、すべてを裏に隠すわけにも行かず、またパーツによってはコネクタから直接接続した方がすっきりする部分もあったりで試行錯誤しました。

で、こんな感じに。

Cooler Master: CM 690 III 配線完了

正直、もう少しすっきりするかな?と期待してたんですが、まぁこんな物でしょう。

ちなみに電源ユニットの位置がこれまでのケース上部から、ケース下部に変更になったので、ケースの安定性は上がったようですが、「ATX 12V 2×4」電源コネクタが届かず、グラボとマザーの隙間を通してようやく接続したりしてます。

もっともケース上部のカバー(というか網)も外せるのでコネクタの接続自体は簡単でしたが。

ほんでもって完成写真。

Cooler Master: CM 690 III Cooler Master: CM 690 III

電源スイッチがケース前面から上面に移動した為、ケースの配置を少々前にずらしてます。

HDDアクセスランプも上面になって地味に見やすくなってたりw

ちなみに今回ついでに交換したDVDとカードリーダー、DVDは色が変わったくらいですが、カードリーダーの方はUSB3.0対応品への交換。

が、ケースの方にも電源スイッチ横にUSB2.0と3.0のコネクタが2つずつ付いてますが、マザーボードのUSB3.0コネクタは1つのみ。

仕方ないのでカードリーダーのみ接続してケースのUSB3.0コネクタは未結線。

そのうち分配ケーブルでも買うかと考え中・・・だったんですが、よくよく考えればUSB接続が必要な物って、スマホの充電とたまにUSBメモリ使う位なわけで、=3.0は1つ有れば今のところ足りてるし、USBのコネクタカバーで塞いどくかw

 
まぁケースなんて一度組んでしまえばそうそう開けることも無いだろうし、なにか思いついたらまた記事にします。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください