Posted in 管理人ブログ,ソフトウェアレビュー   6 Comments

自宅のメインPCをIntel系にしてしばらく後、特に高負荷な状態の際にビープ音がなるようになりました。

起動時の決まった鳴り方ではなく、本当に時々「ビー」という感じで長さもまちまち、何度もなったかと思うと一回だけとか。

しかしモニタリングツール「Akabei Monitor」を見ても特別おかしな所は見当たらず、ずっと気になってはいたけどそのまま使ってました。

が、昨日、友人のてるりんと会って話していたら彼も同じような事があると。

帰宅後、どうにも気になってきたので再調査してみました。

結果、「ビープ音だからマザーから」→「マニュアルを見るとCPU温度などの警告設定がある(ただしデフォルトOff」→「確認してみるか」→「Onになってるし~(;´Д`) しかも設定60℃だし~」

そういえばAkabei Monitor、いつだかのバージョンからCPU温度表示は削除されてたっけ(^ ^;)

てなわけでモニタリングツールを「thilmera 7」に変えてみました。



This movie requires Flash Player 9
 thilmera 7

概要

■ メーカー : thilmera project

■ 解説サイト :thilmera project

■ レビュー執筆時のVersion : 0b115

■ レビュー執筆時の当方環境 : 2013年06月15日版環境

 

概要(解説サイト様より引用)

分類:システムモニター / パフォーマンスモニター / 温度センサー / 時刻合わせ / 状況表示 / スペック表示 / CPU監視 / メモリ監視 メモリ掃除 / GPU監視 / VRAM表示

メモリ(2G以上対応)やリソースの利用状況、CPU(マルチコア対応)の稼働率とグラフ、固定ディスクの空き容量、ディスク読み書き、 通信速度等をリアルタイムで表示する状況表示ツールです。

CPU温度表示にも標準対応。(0b57以降)

GPU情報(NVIDIA系/ATI系で稼働率と温度)やS.M.A.R.TによるHDD温度表示にも対応。

指定のHDD温度により強制電源OFF機能を搭載。 SNTPによる時刻合わせ機能を搭載。

トップ5のCPU使用率プロセスをランク表示&最高ディスク使用率のプロセス表示(0b55)。

CPU,HDD,GPU,マザーの各種温度が指定値を超えると警告する機能を搭載。

簡単にウィンドウを移動させ、マウスオーバーでウィンドウを一時非表示にする設定もでき、タスクトレイのアイコンにも物理メモリとCPUグラフを表示させることができます。

使用中でも容易に表示内容をカスタマイズ可。全てのキーに様々なアクションを割り当て、ホットキーによる操作も可能です。

アイコンを除き、画像を一切用いないのが特徴で、可能なかぎりコンパクト、かつ軽くて長持ち、をコンセプトにしています。

自由な背景画像の指定や背景透明化も可。

文字が小さい場合は、ドット文字設定をオフにする事で、任意のWindowsフォントを使用する事ができます。また、編集可能な白黒BMPを使う事もできます。

変数で画像を処理するDIB描画モードの搭載により、従来の半分以下に負担を軽減しました。

手動および自動メモリパージ機能。(非負荷(無理なHDDへの押し出し無し)タイプ。閾値設定可能)

ビデオメモリ(VRAM)表示。(NVIDIA/7/8/8.1)

簡易スクリーンショット保存機能を搭載。s版はPNG保存も可能。

PC間データシェア機能搭載。

シルメラサーマルネットワークによる温度情報共有。

UACスタートアップ&ランチャー(0b58以降)機能。(s版)

差分バックアップミラー機能。

サウンドアナライザー機能。(s版)(vista/7/8/8.1)

状態メール送信機能。

累積バイト読み書き。

自動アップデート機能搭載

Process単位のWorking Set + Virtual Size表示

NVIDIAのファン制御(s)

Windows 2000,XP から Windows 8.1 Pro 64bit まで、幅広い互換性を持っています。

 

インストール(評価:80点)

適当な位置に解凍し、出てきたフォルダ内の希望するエディションのexeファイルを実行します。(ただしsエディションはシェアウェア)

インストーラーが無いのは良いのか悪いのか。

 

設定(評価:70点)

実はAkabei Monitor導入前に試した事があるんですが、その頃とは比べものにならない位分かりやすくなっていて、各項目にカーソルを合わせると説明がポップアップしたりします。

とは言えある程度の知識が無いと何をどう設定すれば良いのかわからないのも事実。

他、クールで格好は良いのだけれど文字が小さくておじさんには見づらいです(´・ω・`)

 

操作性(評価:70点)

基本、最初に設定してあとは放置なので操作といってもこれと言ってなし。

しいていえばAkabei Monitorの様に表示を壁紙化出来ないので不用意にカーソルがのってしまうと動かしたりしてしまいそう。

 

機能(評価:100点)

非常に細かく設定出来て表示出来る項目も豊富。

Akabei Monitorの様にある項目を表示したいけどスキンファイルをいぢらねば・・・という事もなく、設定画面で表示をOnにすればOK。

 

拡張性(評価:0点)

スキンも含めて拡張性無し(と思う)

 

総評

非常に高機能なモニタリングツール。

フリー版2種、シェアウェア版2種の3種類あって、使用出来る項目に差があります。

公式サイト様に比較表があるのでご確認ください。

以前に比べて格段に使いやすくなっているようですが、細かすぎて好みが分かれるかも。

でも、ここまで細かくしかも常時表示させておけるソフトもなかなか無いかとw

 

2014年6月15日(日曜日) 13:22