Posted in 管理人ブログ,パソコン関係   Leave a Comment

うちでは以前、RAM DISKを導入した際、ブラウザ、メーラーをRAM DISK上に配置するように変更していました。

これまでそれでなんら不都合も無く、むしろ動作が快適になっていた訳ですが、ここへ来て予想外の事態が発生。

それは容量に対する不安(;´Д`)



うちのRAM DISKはフリーのソフトによるもので最大容量4GBなんですが、ここへ来て常時3GB超えの使用率。

どうやらメーラーのメールデータが予想以上に貯まってるっぽ。

そういえばThunderbirdの場合、削除したメールのデータは削除フラグがたつだけで、実際にはデータが残っているとか聞いたような・・・?

 

さてどうしたものかと考えたところで「そういえば春にSSDいれたんだっけ」ってなわけで、ブラウザとメーラーをSSDへ移行してみました。

手順は両ソフトのプロファイルをコピーとっておいて、ブラウザ・メーラーを削除、SSDへ再インストールの後、退避させたプロファイルを書き戻すだけ。

ThunderbirdもWaterfoxもアドオン情報からなにからすべてプロファイルに持っているので環境丸ごと移行完了。

 

・・・と、なるはずだったんですが(^ ^;)

ブラウザについて別作業が発生したりして結構時間がかかりました。(この辺次回、記事にします)

 

何はともあれ作業完了後、ブラウザ、メーラーともに試してみたところ、速度的には差は感じません。

RAM DISKの容量も3GB超→0.2GBほどへと激減。

これでRAM DISKは環境変数「TEMP」「TMP」の為のみの領域になりました。

 

2013年8月25日(日曜日) 15:54