Posted in 管理人ブログ,自動車関係,レガシィ GT-B LtdⅡ   Leave a Comment

納車時前に不具合が見つかって修理中だったナビがこの週末に修理完了、取付となりました。

と言っても車と同様の中古品なので古い奴ですが(´・ω・`)



ものはカロッツェリアの2003年モデル「AVIC-ZH77MD」。

AVIC-ZH77MD

現行のサイバーナビの元となる機種っぽいんですが、前オーナーさんが車購入当初につけたものっぽく今となっては古い(^ ^;)

画質が荒かったり、地図が古いとか、ついでに音質もこんなに悪かったっけ?てな時代を感じさせる一品(ぁ

仕方ないと言えば仕方ないんだけども(^ ^;)

まぁ、現状このレガシィは週一乗るか乗らないかだから当面このまま行こうと思っとりますがw

ちなみに悪いところばかりかというとそうでも無く、本体左下の「TI」ボタンで簡単に交通情報が呼び出せるとか、情報画面でオイル交換やら免許更新やらの情報を登録しておけるとか、なんでこういうのまで現行機は無くしちゃったのかな?というのも結構あったり。

こういう良い部分、ピックアップしていずれ交換するときに参考にしようかと思っとります。

 

そういえば修理についてですが、今回はナビ付きで売られていた車両だったのに納車前に不具合が見つかった為、修理はすべてディーラーさんもちでしたが、車内に置いてあったサービス伝票を見ると、

「ご指摘症状:開閉するとモニターが戻らない」

「確認症状:モニター閉まり時引っ掛かる」

ここまでは聞いてたとおり。

で、問題の処置について

「処置:駆動部トルクリミッタ交換、コンピュータユニットの交換、ハードディスク交換、MD検出スイッチ交換を行いました」

ここまでするなら安物の現行機種にした方が安くて性能良くね?(^ ^;)

 

2013年3月24日(日曜日) 19:28