クラッチスタートシステム解除コネクタ

うがたんなら一目でわかるかな?

本日、甥っ子とホームセンターへ行った際、ちょっとした小物を購入してきました。

購入したのは「二極カプラー(ロック付き)」と「配線コード」の二つ


二極カプラーと配線コード

何に使うの?という人が多いかと思いますが、レガシィ乗りには有名な品なのでうがたんあたりすぐピンときてそうw

 
答えはMT車のクラッチスタートシステム解除用のコネクタ作成。

要はクラッチ部に着いてるスイッチを短絡させてやればOKとの事なので、ネットで見つけたサイトさんを参考にさくっとコネクタを制作。

クラッチスタートシステム解除コネクタ

こんなん出来ました♪

実際の取り付けは来週になりそうですが、実際エンジン始動時にクラッチをめいっぱい踏み込むのは面倒なので成功するといいなぁ。

 

2件のコメント

  1. 俺は、普通に配線とスイッチ付けてオンオフ出来るようにしたぜw
    前言ってたクラッチだけど、BHはBGより軽くなったんだけど、まだ重い時代の物だからこんなもんだと諦めて下さいw
    逆に、BP系が極端に軽くなっただけだおw
    ウインカーリレーは、その時代は3極だったみたい。
    amaでBHで引っかけると結構見つかるから頑張って。
    byう
    1. スイッチでオンオフはそのうちしたいなぁと思ってる。
      ただ現在、時間も気力も無いのでとりあえず簡単そうな完全オフにしておこうとw

      クラッチはやっぱ重い世代なのか。
      まぁ、足つりやすいくらいだから慣れよう(´・ω・`)

      ウィンカーリレー→LED化はまだもう少し先になりそう(;´Д`)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください