Macrium Reflect FREE Edition

【Macrium】 Macrium Reflect FREE Edition

仕事でも私用でもパソコンの使用頻度が高い私ですが、最近特に思うのが「バックアップって大事だよね」とw

私の場合、アパートのパソコンにあるデータはまぁ最悪無くても(写真とか無くなると泣けますが)なんとかなるレベルではあります。

でもPCに異常が起きてOS入れ直しから行う場合、いつも思うのが「セットアップ直後の状態をバックアップしとけば」ということ。

特にうちの場合、Windows 7のメディアが古いのでServicePackの1もかかってないわけで毎回Windows Updateをかけ直すのが手間。
本来のバックアップとは意味合いが少々異なりますが、先日OSを入れ直したばかりでタイミング的にちょうどいいかな?と思って今の状態をバックアップしてみることにしました。

で、ついでに前から興味を持っていた某フリーなバックアップソフトをついでにレビューします。

ただ、今回のソフトレビューはソフトのバックアップ部分までで、リストアに関しては今度OS入れ直しが必要になった際に試して追記という変則的なものとなりますのでご了承ください。


This movie requires Flash Player 9
 Macrium Reflect FREE Edition

概要
■ メーカー : Macrium Software

■ 解説サイト : k本的に無料ソフト・フリーソフト / Gigazine

■ レビュー執筆時のVersion : 5.1

■ レビュー執筆時の当方環境 : 2012年07月21日版環境

概要(解説サイト様より引用)

Windowsが起動したままの状態でディスク全体をイメージ化してバックアップすることができるという非常に優秀なフリーソフト、それが「Macrium Reflect FREE Edition」です。

Windowsで利用可能な「ボリューム シャドウ コピー サービス」 というのを使うことで、利用中のファイルであってもコピーすることが可能になっているというわけ。

作成するイメージは別のパーティション、あるいはネット ワーク経由やUSB・IEEE接続の外付けHDD、直接DVDに焼くなどして保存が可能になっており、圧縮率の指定なども可能になっています。

また、レス キューCDの作成も可能となっており、復元時にはこのレスキューCD(LinuxベースかBartPEベースのいずれかを選択可能)から元に戻すことにな ります。

スケジュールを指定してのバックアップも可能で、かなり強力な内容となっています。

インストール(評価:60点)
基本ダウンロードしたファイルを実行して画面の指示に従えばOK。

ではありますが、表示言語が英語なのと、インストール途中にフリー版でもネット認証が必要となっているのでその分60点とさせていただきました。

旧バージョンでは日本語パッチも配布されていますが、あえて旧版を使う必要もない?

またネット認証も旧版の場合はインストール中では無く初回起動時に行うようです。

設定(評価:100点)
設定って特に無いんですよね(^ ^;)

メニューみても「Configuration」とかその手の単語は見当たらず。

操作性(評価:80点)
英語表記なのでまだまだ確認出来ていないとこも多いんですが見たところそれほど複雑でもなさそうです。

ライティングソフトとかその手の感覚に近いので英単語がわかって、CD・DVDの書き込みしたことあればそれほど苦にならないのでは?

 
機能(評価:100点)
今のところは、という制限はありますがOS起動中で他のソフトが動いていても問題無くバックアップ取っていけるようです。

私の場合、Cドライブ丸ごとバックアップしてOS入れ直しにという目的がありますが、問題はCドライブ内にまだ整理のついていない動画、音楽、画像の各種データがまるっと入っていること(^ ^;)

このため、先ほど試しにバックアップを動かしてみたら残り時間8時間とか出やがりまして、寝る前に仕掛けて明日あたりサイズチェックしてみようかと。

まぁ、さっさと整理してしまえばいいんですけどね。

拡張性(評価:0点)
拡張性は無い模様。

 
総評
今のところは日本語化パッチが無いのだけが不満点。

後日、(出来れば必要無いままであってほしいですが)OS入れ直しが必要になった際に真価を発揮してくれるでしょう。

てかしてくれないと泣ける(;´Д`)

 
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください