Firefoxの「ページのソースの表示」を任意のエディタに設定する方法

まんまタイトル通りw

先の記事で書いた「ViewSourceWith」の使用停止はこの方法と置き換えた為にプラグイン自体不要になった為。
参考にしたサイトはこちらのサイト様です。


■機能の有効化

 
  1. ロケーションバーに[about:config]と入力。
  2. [フィルタ]欄に[view_source.editor.external]と記入。
  3. 表示された項目[view_source.editor.external]をダブルクリックして値を[true]に変更する。
 
■使用エディタの指定

 
  1. ロケーションバーに[about:config]と入力。
  2. [フィルタ]欄に[view_source.editor.path]と記入。
  3. 表示された項目[view_source.editor.path ]をダブルクリックして表示されたダイアログに、ソースを開くときに利用したいエディタのフルパスを記入します。
  4. OKで閉じて完了。
 
設定後はブラウザを再起動せずともOKで、早速TeraPadを設定してソース表示させてみたら問題無く表示されました♪

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください