受信メールの分類

今日は兄夫婦から一泊キャンプへ誘われていたのだけれど、今週も仕事が慌ただしくて疲れが抜けきらない状態だったのと、休み明け早々早出なのでお断りして、惰眠を貪ってました。

んで昼過ぎに起き出して朝昼兼用の食事をとってメールチェック。

そういえばメールの振り分け(メッセージフィルタ)が中途半端だったなぁと思いだし少々整理してみました。

詳しくない人に簡単に説明すると「メッセージフィルタ」とは受信したメールを様々な条件で自動振り分けするというもの。

例えば複数の友人から良くメールをもらう場合、「この人のメールはこのフォルダへ入れる」というのを自動でしてやるわけです。

ちなみにメールのフォルダ分け、見やすくなる以外にメールクライアントの異常動作を防止する意味もあったりします

というのもよく使われているメールソフトって、メールが入っているフォルダ毎にファイルを持っていて、そのファイルサイズはメールクライアント毎の上限(良くあるのが2GBまで)があったりします。

で、これを超えてしまうとメールが受信(送信)出来ない、メールクライアントが開けないという異常動作に繋がるわけです。

なのでそこそこの量のメールが貯まっている、何年分もメールが貯まっているという場合振り分けを行うことでフォルダ分けしてやると吉。


私の場合、PCで扱うメールアドレスは

「友人向けの自宅サーバーアカウント」

「実家で契約したPlalaアカウント」

「アパートで契約したPlalaアカウント」

「迷惑メールが来るかも?って時用のYahooメール」

「会社で使用している仕事用アカウント」

の5つ。

厳密に言えば他に携帯用のアカウントなんかもあるんですがPCでは見ていないので今回は除外。

 
振り分けはまず使用しているメールクライアント「Thunderbird」の迷惑メール振り分け機能で迷惑メールを振り分けた後、自宅サーバーから来るデイリーメール、銀行やらネットキャッシュやらの特殊メールを振り分け、その後メールマガジン等を振り分けるという感じ。

で、実際にフィルタを追加していったら思った以上に数が多かった_| ̄|○

前から入れていたフィルタも含め、最終的にはこんな感じに。

メールの振り分けはこんな感じです。

まぁ、ここまでしなくても良いかと思いますが、皆さんも見直してみては如何?

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください