Posted in 管理人ブログ,パソコン関係   1 Comment

先日より、この記事のコメントにてうがたんとことうちとでメモリ使用率が違いすぎるのは何だろう?と考えていました。

当初単純に環境のせい?とも思っていましたが、先月末OSの入れ直しが必要になり、その後概ねうがたんのとこと同じくらいの値になりました。

ただうがたんとこと表示の仕方が違うので一見うちの環境の方が異常にメモリを使っているように見えますが。



まずうがたんとこと、うちの環境でメモリ使用率の表示が違う件ですが、いずれも確認に使用しているのは「Akabei Project」さんとこの「Akabei Monitor」(たぶんうがたんとこもそうだよね?)。

スキンの違い(=表示項目数の違い)は他の環境の違い(常駐ソフトやらなんやら)に比べれば微々たるものなので除外。

で、表示の仕方ですが、うがたんとこのIntel製CPUの環境ではおそらくRAM DRIVE使用時、RAM DRIVE使用分は使用メモリ量からも総メモリ量からも引かれた値になっていると思われます。

つまり仮に16GBのメモリを載っけていて1.5GBのメモリを使用、そして4GBのメモリをRAM DRIVE化している場合、「1.5GB/12GB」と表示されるかと。

んでうちのようなAMD製CPU環境の場合、RAM DRIVE使用分もそのまま表示され、上記の例だと「5.5GB/16GB」となるわけです。

 

ちなみに今、この記事を書いている現在で「Physical Memory 6424MB/16381MB (39%)」。

先のようにAMD環境のRAM DRIVE使用分を差し引くと使用分は「約1424MB」となり、うがたんのコメントとも相違なくなります。

なお、保存してあった、過去のデスクトップ画像で2010年6月21日(RAM DRIVE未使用、総メモリ量8GB)のものを確認すると「1171MB/8189MB」なのでやはり間違い無いのかなと。

そうなるとこっちの記事で使用量6GB前後と書いたのは単純にRAM DRIVE導入後の画像を見間違えた可能性が大きいと思われます_| ̄|○

 

たまたま会社で使用中のノートパソコン(Intel製CPU、RAM DRIVE使用中)の値との違いに気がついて表示の違いに気づきましたが、お騒がせしました。

 

2012年2月5日(日曜日) 00:00