iptablesのLOGターゲットによるメッセージを抑制する方法

CentOSをインストールしただけの状態でサーバーを立ち上げ、その状態でしばらく置いておくとiptablesのLOGターゲットによるメッセージが並んでしまうのでこれを抑制する方法。

[root@linux ~]# vi /etc/sysconfig/syslog
KLOGD_OPTIONS="-x"

KLOGD_OPTIONS="-c 4 -x"
[root@linux ~]# /etc/rc.d/init.d/syslog restart

 

これでiptablesのLOGターゲットによるメッセージは表示されないとの事。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください